• エスプレッソマシン(タイプ)
  • コーヒーマシン(タイプ・ブランド・価格)
  • ドリッパー(ブランド)
  • ポット、ケトル(ブランド・タイプ)
  • コーヒーカップ(ブランド・和陶器)
  • コーヒーミル(タイプ・メーカー)
  • コーヒー豆(産地別)
  • その他の道具

タイプでエスプレッソマシンを選ぶ

  • 全自動

    全自動

    ボタンひとつで豆ひきから抽出までフルオート。お好みの味を簡単にカスタマイズでき、エスプレッソ初心者にオススメ。

  • パウダー式

    パウダー式

    バリスタ気分を味わいたいプロ志向の方、パウダーから本格的に作りたいこだわり派の方にオススメのパウダー式。

  • カプセル式

    カプセル式

    忙しい朝も、専用のカプセルをセットするだけで、カフェで飲むような本格コーヒーが簡単に。後片付けもラクチン。

  • ポッド式

    ポッド式

    ポッド式はパウダーが袋に包まれているので、粉の計量や後始末も不要。毎回同じようにおいしく手軽に抽出。

  • 電気式エスプレッソメーカー

    電気式エスプレッソメーカー

    電気式で安心、テーブルの上でも気軽に使えて短時間でエスプレッソが楽しめる。お手入れの簡単さも魅力的なマシン。

  • 直火式エスプレッソマシン

    直火式エスプレッソマシン

    電気式と比べて低価格で、コクのあるコーヒーが味わえる。シンプルな構造なので丸洗いできてお掃除も簡単で便利。

  • ハンディエスプレッソマシン

    ハンディエスプレッソマシン

    お湯があればどこでも使えるハンディタイプのエスプレッソマシン。アウトドアやお出かけ先でもおいしいエスプレッソを。

エスプレッソマシンをもっと見る

タイプでコーヒーマシンを選ぶ

  • ドリップ式コーヒーメーカー

    ドリップ式コーヒーメーカー

    1杯ずつドリップ抽出できるタイプや保温など、使いやすく便利な機能が充実。

  • プレス式コーヒーメーカー

    プレス式コーヒーメーカー

    粗引き粉とお湯を入れるだけ。素材の味がストレートに、豆本来の味を楽しめる。

  • サーモタイプ

    サーモタイプ

    コーヒーの煮詰まりを防止し、保温性があるので抽出後の電気代がかからず経済的。

  • ミル付き

    ミル付き

    電動ミルがついているので手間なく簡単にひきたての香りとコーヒーを楽しめる。

  • ペーパー不要

    ペーパー不要

    繰り返し使えるフィルターはエコで経済的。コーヒー油分を逃さず抽出が可能。

  • 大容量

    大容量

    大家族やオフィスでも使いやすい8~12杯を一度に作れるたっぷり大容量タイプ。

  • 1カップ用

    1カップ用

    1杯分のみ抽出でき、デザインもスリムで場所をとらず省スペース。おひとり様専用。

ブランドでマシンを選ぶ

  • デロンギ(イタリア)

    デロンギ(イタリア)

    イタリアの有名家電メーカー。洗練された機能とデザインを誇り、特にエスプレッソに特化したイタリアのコーヒーブランドの一つ。

  • サエコ(イタリア)

    サエコ(イタリア)

    家庭でも本格的なカフェでの体験ができる全自動マシーン提供に取り組む、イタリアが誇る伝説のエスプレッソマシンブランド。

  • ネスレ(スイス)

    ネスレ(スイス)

    本格機能を搭載し、デザイン性にもすぐれている。独自のカプセル方式とシンプルな操作で、自宅やオフィスで簡単にカフェ気分。

  • T-fal(フランス)

    T-fal(フランス)

    かわいらしいデザインと手頃な価格が魅力的。早さ、簡単操作、おいしさを備えたドリップタイプとカフェポッドタイプのマシンを展開。

  • メリタ(ドイツ)

    メリタ(ドイツ)

    1908年にペーパードリップシステムを考案。完成された先進機能とペーパーフィルターが、コーヒーが持つ本来の味と香りを引き出す。

  • イリー(イタリア)

    イリー(イタリア)

    顔のようなデザインのマシンなど、デザイン性に優れ印象的。エスプレッソコーヒーのコーヒー豆でも有名なイタリアの老舗ブランド。

  • ラッセルホブス(イギリス)

    ラッセルホブス(イギリス)

    洗練されたデザインと革新的な技術力、品質の高さから、世界各国で良品質の評価を得ている、イギリスの代表的な家電ブランド。

  • クイジナート(アメリカ)

    クイジナート(アメリカ)

    料理を芸術の域まで高めたいという願いを込めて1973年にアメリカで誕生。デスパレードの妻たちにも登場したキッチン用品ブランド。

  • デバイスタイル(日本)

    デバイスタイル(日本)

    デバイスタイルは、スタイリッシュでオシャレでありながら、必要とされる機能を詰め込んだ実用性のあるデザインが人気の日本ブランド。

  • ハリオ(日本)

    ハリオ(日本)

    家庭用の耐熱ガラス食器で一躍メジャーブランドとなったハリオ。コーヒー器具においてもその技術力とデザイン力が活かされている。

  • カリタ(日本)

    カリタ(日本)

    1958年東京で創業したドリップ式コーヒー器具メーカー。使いやすさにこだわった製品は、シンプルなデザイン&手頃な価格で人気。

  • レコルト(日本)

    レコルト(日本)

    コンパクトでカラフル、そしてシンプルでスタイリッシュな調理家電をラインアップ。インテリア性の高いデザインでギフトにもオススメ。

  • 象印(日本)

    象印(日本)

    「珈琲通」という名前で展開しているのはフィルター式ドリップタイプがメイン。コーヒーポットの素材もガラスと魔法瓶タイプなど選べる。

  • タイガー(日本)

    タイガー(日本)

    フィルター式ドリップタイプメインでガラスポット・魔法瓶ポット両方を展開。さらにドリップ・カフェポッド・カプセルの3wayマシンも。

  • パナソニック(日本)

    パナソニック(日本)

    エスプレッソ、ドリップコーヒーの両方対応の複合タイプ、豆ひきから抽出までできる全自動タイプ、紅茶をいれられるタイプなど多彩。

  • 東芝(日本)

    東芝(日本)

    ペーパーレスフィルターの採用や、味の濃さが選べるタイプ・見る機能付き・エスプレッソとドリップ両用タイプなど多機能なマシンが多い。

ブランドでドリッパーを選ぶ

  • HARIO(ハリオ)

    HARIO(ハリオ)

    HARIOは、ガラスの王様「玻璃王(はりおう)」のこと。1921年の創業から一貫して国産耐熱ガラスの生産にこだわり、世界究極スタンダードレベルの生産技術を持つ。

  • Kalita(カリタ)

    Kalita(カリタ)

    コーヒー・紅茶関連器具の製造・輸入を手がける日本を代表するコーヒー器具メーカー。雑みのないすっきりした味わいのコーヒーに仕上がる3つ穴のドリッパーが有名。

  • Melitta(メリタ)

    Melitta(メリタ)

    研究を重ねて完成された、理想的なスピードでコーヒーを抽出できる1つ穴方式を採用。豆の量とお湯の温度はお好みで、湯量と時間はフィルターが調整してくれる。

  • TORCH(トーチ)

    TORCH(トーチ)

    「しっかり濃いのに、重くなく、スッキリとした飲み心地のコーヒー」を目指し考案されたドーナツ型の抽出器。ぜいたくなリラックスタイムやギフトにも最適な一品。

  • KONO(コーノ式)

    KONO(コーノ式)

    珈琲サイフォン株式会社が作るkono式(コーノ式)ドリッパー。日本発の円すい形ドリッパーは味や香りがとても豊かでコーヒー好きに根強い人気。ギフトに最適なセットも。

  • KINTO(キントー)

    KINTO(キントー)

    「使い心地」と「佇まい」をコンセプトに、シンプルで使いやすくオシャレなデザインの日本のテーブルウエアブランド。生活空間に自然と溶け込む美しいフォルムが特徴的。

  • CHEMEX(ケメックス)

    CHEMEX(ケメックス)

    1940年にアメリカでドイツ人化学者、ピーター・シュラムボーム博士が考案。ビーカーやフラスコから発想された形はシンプルで使いやすく、半世紀をこえるロングセラー。

  • ボダム(bodum)

    ボダム(bodum)

    デンマークのコペンハーゲンで1944年に設立されたキッチン用ウエアブランド。ドリップ式コーヒーメーカーにはコーヒー豆の風味が際立つステンレスフィルターを使用。

ドリッパーをもっと見る

ブランドでコーヒーポット、ケトルを選ぶ

タイプでコーヒーミルを選ぶ

  • 手挽き

    手挽き

    音と香りと、見た目の雰囲気も合わせてゆったり楽しめるがの手挽きコーヒーミルの魅力。粗挽きから細挽きまで、お好みで粗さ調整できる。

  • 電動

    電動

    スイッチ一つで手早く挽けるのが魅力。手で挽くのが面倒な人や、忙しい朝など時間をかけずに豆を挽きたい人には電動コーヒーミルが最適。

コーヒー豆を選ぶ

  • グアテマラ

    グアテマラ

    グアテマラ産。甘い香りとやや強めの上質な酸味とコクがあり、芳醇な風味がある味わい。

  • キリマンジャロ

    キリマンジャロ

    タンザニア産。強い酸味と香りが上品な風味を有し、香ばしさの中にもほのかな甘味がある味わい。

  • コロンビア

    コロンビア

    コロンビア産。甘い香りと、円い酸味を有し円熟したコクがあり、どのコーヒーとのブレンドにも合う。

  • ブラジル

    ブラジル

    ブラジル産。酸味・苦み・コクが程よく調和した味わいで飲みやすく、配合に最も多く用いられる。

  • マンデリン

    マンデリン

    インドネシア産。マンデリンは、焙煎度合いにより濃厚な苦み、酸味のコントラストがはっきりと出る。

  • モカ

    モカ

    イエメン産、エチオピア産。フルーティーでさわやかな香りと強い酸味のある味わいが特徴的。

  • ブルーマウンテン

    ブルーマウンテン

    ジャマイカ産。日本人好みの香り、酸味、コクのバランスが取れた軽やかな風味のあるコーヒー。

  • ホンジュラス

    ホンジュラス

    ホンジュラス産。バランス良い味わいとすっきりとした後味で、ブレンドのベースとしてもよく使われる。

コーヒー豆をもっと見る

ストアのオススメ

ストアのイチオシ