• 人形屋ホンポの厳選商品
  • 人形屋ホンポのイチオシ
  • 人気の雛人形
  • ブランドで選ぶ
  • 飾り方で選ぶ
  • 価格帯で選ぶ
  • 雛人形Q&A

価格帯で選ぶ

  • 1,500円~30,000円

  • 30,001円~50,000円

  • 50,001円~100,000円

  • 100,001円~150,000円

  • 150,001円~200,000円

  • 200,000円超え

雛人形ひな祭りQ&A

Q.いつ飾る? いつしまう?

イメージ画像1


いつから飾らなくてはいけない、という決まりはありませんが、一般的には立春(節分の翌日)ごろから、 遅くとも3月3日のお節句の日の1週間前には飾り始めましょう。雛人形をしまう際には、お人形が湿気で痛むのを防ぐため、天気のよい乾燥した日を選び、3月中旬までにすませましょう。

Q.雛人形は一家に一台? 次女、三女のときはどうする?

イメージ画像2


雛人形は身代わりとなって厄から子供を守る、という意味から飾りますので、 基本的には1人に1台ずつが好ましいです。ですが、飾り場所等の関係上次女、三女にもお雛様を用意するのには限界があります。そのため、お雛様のかわりに市松人形や、舞踊人形を代わりとして購入する方法もあります。

Q.ひな祭りのお祝いは何をするの?

イメージ画像3


3月3日のひな祭りは、桃の節句といって、女の子の節句の日にあたり、お雛様をかざり、 健やかな成長を願ってお祝いをします。特に初めて迎える節句は「初節句」といって、両親や祖父母などの親戚と一緒にちらし寿司やはまぐりなどの祝い膳を用意し、 盛大に祝う家庭も多いようです。桃の花や、縁起物のひし餅、桜餅、ひなあられなどを用意して華やかにお祝いしてもよいですね。


「※画像素材提供:アフロ」