• 人気、定番のおせち
  • 今買えるおせち オードブル
  •  お得なストアから選ぶ
  • 種類、テイストで選ぶ
  • オードブル パーティーグルメ

人気、定番のおせち

種類、テイストで選ぶ

  • 1~2人前

  • 2~4人前

  • 5人前以上

  • 和風おせち

  • 洋風おせち

  • 中華おせち

  • 紅白かまぼこ

  • 伊達巻

  • 黒豆

  • 栗きんとん

  • 数の子

  • 昆布巻き

オードブル、パーティーグルメ

  • オードブル

  • ピザ

  • ハム、ソーセージ

  • ローストビーフ

  • チーズ

  • スイーツ

  • ワイン、シャンパン

  • 日本酒

おせち豆知識

おせちとは
おせち料理は季節の節目、節句に食されるお祝料理、供物料理とされます。節句のうち最も重要とされる人日の節句が正月であることから正月料理を指すようになりました。※節句:人日(じんじつ)の節句 1月7日、上巳(じょうし)の節句 3月3日、端午の節句 5月5日、七夕の節句 7月7日、重陽の節句 9月9日

おせち由来
おせちは中国から伝わった五節供の行事に由来し「御節供(おせちく)」「節会(せちえ)」の略とされます。もともとおせち料理は正月だけのものではありませんでしたが、江戸時代に一般大衆に広がると節句の中で一番目、最も重要だった正月の料理が「おせち料理」とされるようになりました。

おせちの歴史
平安時代に宮中で行われていた「御節供」の行事に由来し、後に一般庶民がこれにならい、御節供を行うようになったと考えられます。正月料理としては江戸時代の武家作法が主となって広まったとされます。

おせちの内容
歳神を迎えてともに食事を行う正月の火を聖なるものとしてとらえ、正月に火を使う煮炊きをできるだけ避けるべきという風習に基づき、酢漬けにしたり干したり味を濃くしたりと日持ちするもの、つくり置きできるものが多いです。家族の繁栄、幸せを願う縁起物が多く、めでたいことが重なるよう重箱に詰めます。炊事から女性を解放するためという説もあります。

縁起物のいわれ「紅白かまぼこ」
紅は魔よけ、白は清浄を意味し、日本だけでなくインドなどアジアの国々にも伝わる習わしです。

縁起物のいわれ「伊達巻」
「伊達(だて)」はおしゃれ、華やかという意味で、巻き物は文化や勤勉を意味するといわれております。

縁起物のいわれ「黒豆」
丈夫、健康を意味する「まめ」という言葉にかけて、黒豆には「まめ(健康)に暮らせるように」という願いが込められています。

縁起物のいわれ「栗きんとん」
金団(きんとん)とは「金の団子」、黄金の塊という意味。商売繁盛、金運をもたらすとされ縁起を担いで食されるようになりました。

縁起物のいわれ「昆布巻き」
「喜ぶ」という言葉にかけて用いられます。日本料理の必需品で、昔から愛され続けてきました。

縁起物のいわれ「海老」
エビは長いひげと腰が曲がっている様子がお年寄りのように見えることから、長寿への祈願が込められています。

縁起物のいわれ「田作り」
江戸時代に高級肥料としてカタクチイワシが使われており、その名残から田作りと名付けられたようです。

縁起物のいわれ「紅白なます」
慶事に用いる紅白の水引にあやかったものです。

縁起物のいわれ「ちょろぎ」
長寿を願い「長老木」「千代呂木」にあやかっています。

縁起物のいわれ「くわい」
最初に大きな目が一本出ることから「めでたい」にかけ「出世」を祈願したものです。